サーチアイコン

Carina Closet(カリーナクローゼット)

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.active_points @}ポイント
お気に入りアイコン






こだわりのカタチ


   

商品は足が曲がった、面白い形をしています。
見た目のデザイン性としっかりと安定して置けるという実用性も兼ね備えています。
グラスを支える台座の部分も他のグラスと違い、少し大きくし、バランスを取りました。




















全て職人手造りの1点モノ


   

全ての商品は、江戸硝子の職人が一つ一つ手作りで製作しています。
足の曲がり具合や器の凹み具合が微妙に違い、どの商品も世界でひとつだけの1点モノです。
職人でしか出来ない唯一無二のデザインがブランドのポイントとなり、
見る人にとって「違和感」を感じさせることがFORIEDGEの真髄です。








江戸硝子とは


   

江戸時代に生まれた硝子製法を受け継ぎ、手づくりで製造されたガラス製品です。

18世紀序盤に鏡や眼鏡等を製造したのがはじまりとされており、
明治初期には欧州の技術の導入によって多様なニーズへの対応が可能となり、
東京の地場産業として発展しました。

江戸硝子は機械による大量生産品とは異なり、
すべての製品がオリジナルの1点もので、
手づくりだからこそ出せる深みや味わい、デザイン性の高さが特徴です。

1,400℃ほどの高温で溶かされたガラスを鉄製の棹(さお)で巻と取った後、
「吹き」「押し」「延ばし」などの技術を用いてさまざまな器を形づくっていきます。

「江戸硝子」は2002年(平成14年)に東京都伝統工芸品、
2014年(平成26年)には経産省より国の伝統的工芸品に指定されました。